アスペルガー症候群とkyな人の関連性

アスペルガー症候群という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、
実際にアスペルガー症候群の具体的な症状を知っていると言う方は少ないと思います。 Continue reading «アスペルガー症候群とkyな人の関連性»

Posted in 日記 | Leave a comment

エイズに関して伝えたい想い

エイズというのは最近では多くの人がその危険性を知っている感染症だと思います。
エイズにかかる確率を見てみると、コンドームを使用すると0.1%以下というようなかなり低い確率というのも事実ではありますが、しかしこれはただの数字。確率でしかないのです。
確率的には、ただの一回のセックス、ただの一回でのオーラルセックスでもがかかってしまう可能性があるということです。

そこで、禁欲をする、コンドームをつけるなどの予防法がありますが、セックスをするなと言われても、
機会があればやってしまうのが人間の悲しいサガ(とくに男性なら)。

しかもセックスは子孫を残すためにする行為なわけで、するなと言われれば人類が滅んでしまいますね(笑)。
コンドームの使用も感染確率を大きく減らすことはできますがこれも0%にはならないのです。

エイズでとくに大事なのが、早期発見、早期治療と言われています。
保健所・病院などではほとんどのところが匿名で検査できます。最近は「HIV性病検査キット」なんてものまで出てきています。
保健所や病院に行かなくても性病の検査ができてしまうというキットなんですが、これも多くの種類があり、完全に自分ひとりで採血から検査までするものと
採血だけ自分でして検査はそのメーカーにしてもらうというものがあります。全部自分で行うものは日本で認められていないものが多く、自分のみですることから精度も低いので
採血を自分でして、メーカーに検査をしてもらうタイプのほうがよいでしょう。

とにかく日本のような国では「自分だけはかからない」と思っているような面があるのが問題でしょう。
検査をして早期発見してすぐに治療できれば、エイズの進行を遅らせることが出来るので、そのあいだにまた新しい有効なエイズの薬が出来るかもしれないのです。
というわけでセックスをする人、とくにそういう関係の仕事をしている人は定期的に検査を行わなければならないでしょう。

Posted in 日記 | Leave a comment

周りから音痴だねと言われます

“最近一番言われて嫌な事が、音痴だねの一言です。
一緒にカラオケに行った友人や、同僚にも必ずと言っていいほど言われるのです。

最初はとても恥ずかしくて嫌でした。でも最近では慣れてきたのです。
開き直っていると言ったほうがいいかもしれません。


もっと上手くなるには、歌が上手い人のまねをする事がいいのです。
だから私は音痴と言われても、毎回カラオケへ行きます。歌の上手い人の歌い方を見ているのです。

盗んでいると言ってもいいかもしれません。何かしら違いはあるのです。
上手い人には上手いなりの理由があります。それを見るためにカラオケへ行きます。

正直また音痴と言われるのは苦痛です。でも目的があるので必ずカラオケへ行きます。”

Posted in 日記 | Leave a comment

NHKの松本正之会長が紅白の視聴率に自信あり

NHKの松本正之会長が今年の紅白歌合戦に関して、去年より視聴率が超えるこもしれないと自信を持っています。
ちなみに、去年の視聴率41・6%という数字になりました。今年は若い人も多く出ていて、会長は若い人の歌のうまさに驚いたと述べています。
 
紅白歌合戦と言えば、おおみそかには外すことのできない番組となっています。家族みんなで楽しむことができ、今年最後のしめくくりといった感じもします。紅白歌合戦を見ると、その年にどんなことがあったのか1年を振り返ることができるような気もします。

多くの人がいろんな思いを抱きながら見ているのではないでしょうか。

おすすめ芸能ニュース

Posted in ニュース | Leave a comment

時間を要するオートチャージ機能つきPASMOのの変更

引越しをすれば当然、行動範囲は大きく変わってきます。通勤経路が大きく変わり、これまで利用していた路線とは違う鉄道会社を使うようになることがしばしばあります。そのようなケースで意外と時間が必要となるのが、オートチャージ機能つきのPASMOの変更です。残金が少なくなったタイミングで現金チャージをするPASMOであれば、何もする必要はありませんが、オートチャージ機能つきのカードだと、変更の手続きがとても面倒なのです。先ず、古いPASMOの解約を行い、新しいカードに切り替えます。そして、その新しいカードに対して、新たな鉄道会社のカード払い契約をします。その後に、改めてオートチャージ機能追加の契約をすることになります。カード払いも、オートチャージも信用取引となっているため、各々のチェックにかなりの時間が必要となるのです。手続きを始めてから、切り替えたPASMOにオートチャージの機能を復活させるまでには、何と2ケ月に及ぶ時間を要してしまいます。結局のところ、新規契約と同じ量の作業が発生するのです。初めてPASMOの契約手続きしたときは、待ち時間の長さは感じませんでしたが、変更となると時間の長さは同じでもやたらと長く感じるものです。

Posted in 日記 | Leave a comment

280種類にもおよぶおせち

今年のおせち商戦の先陣を切った三越は全店統一で「日本の力」を演出していて話題になっています。これだけ自信を持ったテーマだったので、どこよりも早くおせち商戦に取り組んだのか、勢いがうかがえます。「日本の力」がテーマなので、素材も国産品のみで作りあげたおせちが中心になっています。銀座三越では、銀座の人気店の料理長自らが手作りをするオリジナルのおせちシリーズを中心に24種類を発表し、独自に銀座にあるお店で、腕を振るう和食の料理人にスポットを当てています。美食の街、銀座らしさを前面に出しているので、銀座三越に行かないといけない気になってきます。とくに注目されているのが、料亭「銀座 和久多」のおせちです。こだわり約40品目が国産の食材、手作り、やさしい味を詰め合わせたおせちで大好評みたいです。同じ三越でもこのような差別化を行い、遠方からも来てもらうには、面白い企画だと思います。銀座三越では、アイデア商品やキャラクターに頼らず、料理人の技と食材に徹底的にこだわった正統派おせちで、他の百貨店との差異化を図っています。三越のおせちは、定番のものも含め、280種類にもおよぶそうです。どんなおせちがあるのか見てみたくなってきました。

Posted in ニュース | Leave a comment

クロマグロの漁獲枠10年ぶりに拡大か?

結論は最終日の11月19日に出るみたいですが、クロマグロの漁獲枠を東大西洋・地中海海域で10年ぶりに拡大するのかどうか話し合っているみたいです。日本の水産庁幹部は「的確な資源管理とセットならば、漁獲枠を増やしても問題ない」という立場で、10年ぶりに漁獲枠が増えるならば、漁業関係者にとってはうれしい話で、とても高い関心が集まっています。漁業管理機関「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」によって、東大西洋・地中海海域でのクロマグロの資源量回復を確認し、で2013年の漁獲枠拡大などを話し合われるみたいです。12日開幕した年次会合の場所はモロッコで行われていのます。2007年以降、東大西洋・地中海海域でも漁獲枠が削減されていました。高級魚のクロマグロは乱獲による資源枯渇が懸念されたためです。2012年10月、漁獲規制を5年続けた結果、ICCATの科学委員会は東大西洋・地中海海域で産卵能力を持つ親魚が増加したと報告しました。これを受けて、欧州連合(EU)が強力に主張してきた漁獲削減の方針を転換しはじめました。アメリカなど規制推進派との対立も見込まれるため、単に漁獲枠拡大を賛同するのではなく、漁獲枠拡大に慎重な立場の人を考慮し、乱獲・違法操業の防止策を呼び掛けることも大切だと思います。 

Posted in 社会ニュース | Leave a comment

さいごのときには

人は誰もがみんな、この世に生を受けた時に同時に死をもうけた事になる。

貧富や身分に関係なく、平等にこの世での最後を迎える。

国や地域によって亡くなった人を送る方法は様々あります。

親族や親戚のお葬式や葬儀の前には、必ずと言っていいほど揉め事が起きるものです。それは、とても見苦しく、当事者だった時には母の遺体を前にとても嫌な思いや悲しい思い、悔しい思いをした記憶が頭から

離れず、自分だったらどうして欲しいかなと考えた。初老の頃のまだ元気なうちにお葬式と言われるお別れの会を招待する人も進行も準備も全て自分で行いたいと考えた。

この人とはこんな事あったなとかお世話になった人には、きちんと感謝の気持ちを伝えられるように、そしてちゃんとお別れが出来るように心残りが無いようにしたいと考えていて、実行しようと思っている。

そして、ほんとうの最後の時を迎える時は、静かに眠るように一人で迎えたい。火葬だけは家族にお願いしてお墓に葬ってほしいと願う。

自分の最後は、自分で決めておくべきだと思う。その準備は、やはり元気なうちに済ませておくべきであろう。

これは、あくまでも私一人の考えであり、事前に家族にきちんと理解して貰い同意してもらっておく必要があると思っています。
小さなお葬式口コミと評判≪選ばれる本当の理由≫

Posted in 日記 | Leave a comment

話題です。

小さなお葬式という会社が話題です。
小さなお葬式という会社はインターネットマーケティングを利用して葬儀費用の低価格化を実現している会社のようです。

たしかに、葬儀というのは不透明な業界のイメージが強く、悪い噂等も耳にします。
中には、打ち合わせの時には、30万円前後を提示されたのに、追加追加で気づけば120万円になっていたなどの話を聞いた事があります。

小さなお葬式では、定額料金で追加料金が一切不要のようです。
プランは3つあり、その中から選ぶというサービスのようです。

注意点としては、小さなお葬式が実際にお葬式のお世話をするわけではなく、全国の葬儀社が下請けさせるという仕組みになります。
だから、地元の葬儀社のレベルによっては不快な思いをしたという人もいるようです。

しかし、それでも満足したという口コミが多いようで、請負件数も年間で10,000件以上に増えているようです。

これからのお葬儀業界を考えると、今までのスタイルではなく、このようなサービスが主流となるのではないかと思います。

イオンや価格.com等の大きな会社も参入しているようですのでこの流れは加速するとみます。
気になる方は調べてみて下さい。

小さなお葬式資料請求

Posted in 社会ニュース | Leave a comment

人骨と石器がそろって出土は最古

沖縄では最古の石器で、人骨と石器がそろって見つかった例としては国内でも最古の石器のようです。沖縄本島では、国内最古の那覇市の山下町第一洞人(3万2000年前)や、全身骨格が残る八重瀬町の港川人(1万8000年前)など、日本本土ではほとんど見られない旧石器時代の人骨が多く発掘されていたのに、同時代の石器は見つかっていなかったそうです。沖縄県立博物館・美術館は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡で、約1億2000年まえの人骨と石器が出土したと発表しました。旧石器時代から縄文時代への移行期における沖縄の先史文化や、当時の生活を解き明かす手がかりになるようです。遺跡は沖縄本島南部の洞穴。約1.5メートル×2.5メートルの範囲で、子どもの犬歯1本と石英製の石器3点が見つかりました。いずれも2センチ前後で、よくこれだけの大きさを見つけられたと思います。研究はこれからだと思いますが、長い発掘でやっと出土したので、今まで仮説をやっと裏付けられたと思います。加工の跡が見られたので、石器と判断したようです。放射性炭素年代測定法で年代を特定できたみたいです。食用にしたとみられる貝やイノシシの骨も合わせて見つかったそうです。人骨と石器がそろって見つかったことで旧石器時代の人々の暮らしぶりを探る手がかりになるとしているそうです。

Posted in 社会ニュース | Leave a comment